2017年3月27日 (月)

JR森林公園駅前の「吉里吉里」で天丼そばセット【札幌市厚別区】

20170327_06



JR森林公園駅前の唯一の飲食店と思われる居酒屋「吉里吉里」は、同じくJR森林公園駅前に本社を置く「小松水産」直営の店舗。

店内では鮮魚や加工品も販売されており、普通の居酒屋とは一風変わった雰囲気を醸しています。

今回は、このお店のランチ営業におじゃまし「天丼そばセット」をいただきました。

JR森林公園駅は、札幌市と江別市の市境付近にあり、ギリギリのところで札幌市に属しています。

近くにあるマンション「サーム森林公園」は、ギリギリのところで江別市なのですが、ここに引っ越してきた人が厚別区役所に転入届けをしようとして、「お客様、管轄が違いますよ」と区役所窓口で言われたなんて逸話もあります。

20170327_02




さて、肝心の「吉里吉里」でありますが、この界隈では、上質な料理を提供してくれる居酒屋として定評があります。

20170327_04


店内には、鮮魚や加工品の販売コーナーもあり、なるほど、水産会社直営なのだと実感させられます。やはり「吉里吉里」は、なんといっても魚が旨い。

そんな海鮮系のメニューに目を奪われながらも、私の使命であります「天丼そばセット」調査のため、相変わらず「天丼そばセット」880円を注文します。

水やお茶はセルフサービスです。居酒屋的な店内ですからついつい飲みたくなりますが、我慢我慢。

20170327_07


運ばれてきた「天丼そば」セットには、サラダが付いています。天丼には細めのエビが2本、ナス、カボチャ、しめじ、何かの白子らしきもの(?)。そばはアツアツです。

天ぷらの揚げ具合は、これは文句の付けようがないでしょう。料理人の腕の確かさが分かります。


20170327_05


これまで、そば屋さんで食べた「天丼そばセット」にはサラダが付いてくることはありませんでしたが、天ぷらの脂分を和らげるのにとても効果的です。

全体に見た目にはそうでもなさそうなボリュームですが、丼の底も深く、そばの麺の量もそこそこあり、お腹はしっかり満足です。

20170327_01


駐車場は、近くの有料駐車場を利用するしかないので、200円かかりますし、場所が場所だけに、お客さんの姿もまばら。おそらく満席になることはなさそうなので、ゆっくり静かに食事をしたい方には穴場的存在ですよ。

ごちそうさまでした~。

■吉里吉里(きりきり)

住所 札幌市厚別区厚別北2条5?1?7 リーヴココプラザ 1F
電話  011-896-8700
営業時間 11:00~14:30
     17:00~23:00
定休日 年末年始
アクセスマップ・地図

スポンサーリンク


2017年3月22日 (水)

厚別南の「そば葵」で「いか天丼」とそばのセット【新札幌グルメ】

厚別区の「天丼そばセット」事情を探るべく調査を続けておりますが、いよいよ地元の人気店「そば葵」へ初訪問であります。

札幌方面から厚別方面方向へ南郷通りを行くと、国道274号(馬場公園のところ)で右折してまもなく「そば葵」があります。

駐車場は店舗前に数台、すぐ横にも駐車場があり、全14台分。

20170321_07


お店の規模も、全72席と、中規模のお店です。これまでの経験上、中規模店には期待がかかります。

それはどういうことかと申しますと、ラーメンと異なり、特徴が出しづらい「天丼」や「そば」は、凡人にとって、「質より量」、「具の種類の多彩さ」が満足度に繋がるような気がしています。そこで、中規模以上の回転の速いお店、量をこなすお店の方が、「天丼そばセット」が充実しているのでは?と個人的に仮説を立てているところであります。

20170321_06


前置きが長くなりましたが、早速「天丼そばセット」にご登場いただきましょう。

「いか天丼」900円であります。メニュー表には、「いか天丼」とだけ書いてありますが、ご飯ものには、ミニそばが付いてくるのであります。

他に「えび天丼」1200円というのもありましたが、ランチとしては高すぎるので遠慮しておきました。

20170321_05


この「いか天丼」には、イカが3枚入っており、ご飯のボリュームもなかなかのものです。

Googleのクチコミに「天ぷらが美味しくない」と書いている方がいらっしゃいましたが、そんなことはありません。割と“ゆるい”衣が好きな私にとっては、むしろ大好きなタイプの天ぷらです。

ごちそうさまでした~。

■そば葵
住所 札幌市厚別区厚別南1丁目22-29
電話 011-892-8967
営業時間 11:00~15:00
アクセスマップ・地図

スポンサーリンク



2017年3月18日 (土)

「野菜天丼ミニそばセット」550円@めんコレ_社員食堂的な魅力【札幌市厚別区】

厚別区内の「天丼そばセット」事情を探るため、新札幌グルメを追及する当ブログ「新さっぽろビバライフ」では、継続して満腹取材を行っております。 今回は、南郷通り沿いの「霊波の光」向かいにある「めんコレ」に伺いました。
20170318_14

ここは、週末となると向かいの宗教施設を利用するお客さんで賑わうので、立地的にはまずまずといえます。

しかし、以前にここにあったラーメン店は、さっぱり人気が無く店じまいしてしまいました。
お隣のセイコーマートはいつも繁盛している様子。さてさて、現在この場所にある「めんコレ」は、どうでしょうか。

20170318_12

さっそくお店に入ります。まずは、券売機があるので、そこで食券を購入します。お水もセルフサービスです。

店内は、テレビもラジオもBGMもなく、おばちゃんが1人で切り盛りしているため(以前にはアルバイトさんを見かけましたが)、掛け声等が響くわけでもなく、静かな環境。

20170318_10

注文したのは、「野菜天丼とミニそば」のセット550円。 伺ったのは、12時台後半でしたが、混雑する時間帯が過ぎた直後だったようで、カウンターには片付けきれていないお盆やお椀がそのままです。1人でやりくりするのって大変ですね。

20170318_11


野菜天丼の具は、玉ねぎと人参のみのシンプルな構成。 ここの天丼メニューは、「野菜天丼」しかなく、天丼としてはちょっと物足りない印象。

お値段が超手頃ですし、社員食堂的で、そこが「めんコレ」さんの良いところなのだと思います。

■めんコレ

住所 札幌市厚別区厚別中央1条7-17-1 味通ビル 1F
電話 011-896-7774
営業時間 10:00~20:00(麺がなくなり次第終了)
定休日  月曜日

20170318_13

アクセスマップ・地図

2017年3月 5日 (日)

大谷地の「遊鶴」で天丼そばセット。丼もそばもボリューム&コスパ満足【札幌市厚別区】

札幌市内と千歳市内に10店舗を構える蕎麦チェーン店「遊鶴(ゆうづる)」におじゃましました。

20170305_01

"そば通"の方は、お店による味の違いが分かるのでしょうが、私は、乾麺を自宅で茹でて麺つゆで食べても大満足な人なので、ラーメンほど個性の違いが出ない蕎麦は、特徴を表現するまでに至らないのであります。

そこで、"食レポ"を中心とする当ブログでは、「天丼」と「そば」のセットメニューの違いをレポートをスタートさせております。
"そば通"の方には、大変失礼とは存じますが、お許しくださいますようお願い申し上げます。

20170305_02

さて、「遊鶴」の「天丼そばセット」は豊富にあります。メニュー表を開くと、あまりの種類の多さに、シンプルな「天丼そばセット」を探し出せません。

そこで店員さんに尋ねると、ランチメニューの「ミックス天丼セット」が私が求めているシンプルな「天丼そばセット」ではないかとのこと。 さすが店員さん。ありがとうございます。

20170305_03

登場した「ミックス天丼セット」880円は、ボリューム的には、天丼も蕎麦もレギュラーサイズ。天カスは、テーブルに備え付けのものを好きなだけ頂きます。

天ぷらのボリュームは、写真のとおりで具だくさん。鶏とかタチらしきモノも入っていますが、よく分かりませんでした(笑)。衣はふんわりサクサク。

ラーメンほど個性の違いが出ない「天丼そばセット」の場合は、個人経営のお店を探すより、チェーン店の方が、私にとっては満足のいくメニューに出会えることが分かりました。

20170305_04

「遊鶴」のミックス天丼セットは、ボリューム満点コスパ最高で大満足でした。ごちそうさまでした~。

【「遊鶴」の天丼そばセットメニュー】
●グランドメニューの「天丼セット」
・上天丼セット  1,890円
・鶏親子天丼セット  1,070円
・かつめし天そばセット  1,190円
・天丼セット  1,280円

●ランチメニューの「天丼セット」
・W海老天丼セット  740円
・海鮮天丼セット 780円
・ミックス天丼セット  880円

■ごまそば 遊鶴 大谷地店
住所 北海道札幌市厚別区大谷地西1-2
電話  011-893-8384
営業時間 11:00~21:00
   無休 公式サイト  http://www.yuzuru.hokkaido.jp  
アクセスマップ・地図

2017年2月19日 (日)

「そば処 しの家」(青葉町15丁目)で「天丼・そばセット」【新札幌グルメ】

20170218_05

「天丼・そばセット」の主役は、「天丼」か、それとも「そば」か?

ランチのセットメニューで人気といえば、「ラーメン+チャーハン」と並んでおじさんたちに人気なのが「天丼・そばセット」。

「ラーメン+チャーハン」の場合、多くは、レギュラーサイズのラーメンに半チャーハンという組み合わせが定着していますが、「天丼そばセット」の場合はどうなのか?

主役は天丼なのか、はたまた蕎麦なのか。その答えを探るべく、前回は、厚別西の「蔵亭」を訪れました。

※関連記事/2017年2月16日投稿記事「蔵亭」で天丼そばセット【札幌市厚別区厚別西】」
http://chicken-tah.cocolog-nifty.com/hibari/2017/02/post-141c.html

「蔵亭」の場合は、そば屋さんとしてのこだわりなのか、ソバが主役で、天丼はいわゆるミニ丼でした。


ひっそりとしたたずまいの「そば処 しの家」

さて、今回は、厚別区青葉町15丁目の「そば処 しの家」におじゃましました。

20170218_03

地元人でないと、あまり利用しない「厚別青葉通り」沿いにあります。近くには、青葉中学校、西松屋やフードDがあります。千歳線の鉄道高架の近くで、最寄駅は上野幌駅です。

有名店とは言い難く、いつもひっそりと営業している印象があります。私が訪れたのは、土曜日の午後12時少し前。まだ、先客はありません。

20170218_02

迷わず「天丼そばセット~温かいそばで」と注文。すぐに厨房の奥から小麦粉をボウルで混ぜる音が聞こえてきます。


こちらでは、「天丼」が主役。漬物なども付いてくる

2017021807

登場したの「天丼そばセット」(税込1100円)は、見た目にも豪華。ほうれん草のお浸しと漬物が付いてきます。

このお店の場合は、「天丼」が主役でしょうか。そばの器は明らかにミニサイズです。

場所柄、年配のお客さんが多いのでしょうか。ライスの量は少ない印象。大盛りにするには、プラス150円かかります。

20170218_04

前回の「蔵亭」はしっかりとした衣でしたが、「しの家」の天ぷらの衣は、ふんわり軽くサクッという感じ。
具は、海老、白身魚、ピーマン、サツマイモ、ナスというラインナップ。


地元に愛されているお店

私が食べている間に、老夫婦1組、中年カップル1組が入ってきました。しっかりご常連さんには支持されいてるようです。

私も、大変美味しくいただきましたよ。ごちそう様でした~。

20170218_06

■そば処 しの家
住所 札幌市厚別区青葉町15丁目13-11
電話 011-891-8855
営業時間:    11:00~20:00(L.O.19:45)
定休日 日曜日
駐車場 3台
アクセスマップ・地図

2017年2月16日 (木)

「蔵亭」で天丼そばセット【札幌市厚別区厚別西】

年齢を重ねるごとにラーメンのラードがキツクなってきた筆者ですが、今回は、胃もたれと格闘するのを逃げて「天丼・そばセット」をリポート。 訪れたのは、厚別通り沿い「そば処 蔵亭」。

20170216_05


厚別通り(三番通り)の不思議~ラーメン屋は左側と決まっている?


厚別通りには、ラーメン店や中華店が多く、東区方面より「麺や白」、「らくらく」、「拳」と続き、江別市内に入ると(厚別通りは、江別市内では「三番通り」と呼びます)、「勘助」(既に閉店)、「銀波露本店」、「チャイニーズキッチン味彩」、「天山」、「柳華亭」、「天昧」と続きます。

マップをご覧になるとお分かりになりますが、いずれも札幌から江別方面に向かって全て左側(北西)にあります。これは、どうしてなのでしょう。


和食・そば系は右側

一方、そば屋さんは、この「蔵亭」と、江別市側に「神楽坂」の2店舗があり、いずれも右手にあります。そば屋さんではありませんが、和食の「とんでん」も右側ですね。

これは偶然なのか、それとも風水などが関係しているのか、真相を調べて見たくなります。


いざ「そば処 蔵亭」へ

話がそれましたが、「そば処 蔵亭」は、テーブル席と小上がり全34席の中規模の飲食店。

特に目立った話題を耳にすることはありませんが、そう新しくないお店のようですので、安定した人気があるのでしょう。

20170216_03


天丼・そばセット


今回、いただいたのは、「ミニそば と ミニ丼」のセット。私は、「天丼と温かいたぬき蕎麦」のセット930円注文しました。

「ミニそば」と言っても、分量は、普通と思われました。お昼ごはんなら、これだけで十分かもしれません。ミニ天丼は、ご飯の量はたしかにミニサイズ。 個人的には、普通盛りの天丼とミニそばというバランスが好みなのですが、やはりそば専門店としては、そうはいかないのでしょう。

20170216_02

1人での訪問でしたが、カウンター席が無いので、テーブル席でゆっくりいただきました。 ごちそうさまでした~。

■そば処蔵亭
住所 札幌市厚別区厚別西4条4丁目7-13

電話 011-893-8610
営業時間 [平日]11:00~15:00         
       17:00~19:30(LO.19:00)      
       [土日祝]11:00~19:30(LO.19:00)
定休日 水曜日
アクセスマップ・地図

 

2017年1月22日 (日)

名水ラーメンで正油ラーメン_深夜営業が嬉しい【新札幌グルメ】


京極の名水を使用

 
京極町に湧き出る羊蹄山からの湧水を使ったスープでおなじみの「名水ラーメン」。かつては雑誌のラーメンランキングの上位に顔を出す名店でしたが、コッテリ系全盛の今では、あまりスポットがあてられることはありません。

深夜営業が嬉しい

しかし、美味しさは健在、今も名店であることに変わりありません。 新札幌界隈にしては珍しく、深夜まで営業しているので、飲んだ後のシメのラーメンとしても重宝します。 20170122_065330

あっさり風味の醤油ラーメン

さて、今回は、醤油ラーメン700円を注文。脂分の少ない透明なスープにシンプルな具。

20170122_065356_2

麺は、一柳製麺。  

5年以上前の味噌ラーメンの私の記憶では、江別の昇龍や柳華亭のように低加水の縮れが少ない麺でしたが、今回改めて食べてみると以外にもプリプリ。 スープがあっさりしているから、加水率の低い細めの麺の方があるような気がするのですが、それは置いておいたとして、十分に満足のいく一杯でした。

来店した著名人のサイン色紙

20170122_065137

ところで、壁にはここを訪れた有名人のサイン色紙が貼ってあります。最新ものは、昨年7月に訪問の北海道出身ロックバンドSPiCYSOLでした。

20170122_06523920170122_065223

そのほか、「あずさ2号」で有名な狩人、元モーニング娘の中沢裕子さんのものもありました。  20170122_06

でも、エグザイルの「あつし」さんは、ガードが固かったのか、サインは無しく、こんな表示が・・・。正油ラーメンを召しあがったそうです。

新札幌駅からも近い

場所は、国道12号沿いの「厚別パークボウル」と「ニトリ厚別店」との間の公示に面し、ボウリング場にぴったりと張り付いているプレハブ店舗です。

駐車場は無いので、各自確保してください。新札幌駅からは徒歩7~10分程度といったところですね。

カテプリやサンピアザのリニューアルで湧いている新札幌ですが、名水ラーメンのことも忘れずに足を運んでいただければと思います。

■名水ラーメン 厚別店
住所 北海道札幌市厚別区厚別中央三条4-5-1
電話 011-894-2628
営業時間 11:00~翌1:00
アクセスマップ・地図

 

2016年12月25日 (日)

「元祖海老そば札幌らーめん縁や」で醤油味ストレート麺で【新札幌グルメ】

紆余曲折を経て、新札幌に帰ってきた「元祖海老そば札幌らーめん縁や」に行ってきました。

20170218_99

 

創業者引退後の再スタート

創業者の健康上の理由から、「ぶっとん株式会社」にお店の権利を譲渡してからの再スタート。「食べログ」などを見ると、以前からのお客さんは、味が引き継がれているかどうかが気になっている様子。 移転の経緯については、下記ブログがまとめてありますので、参照してください。

ブログ「新札幌グラフィティ」
http://shinsapporo.seesaa.net/article/444132870.html

私は、個人的には、以前食べた「海老そば」の味噌味が、ちょっとl キツイな~という印象だっため、1度しか利用していなかったのですが、気を取り直して「もう1度挑戦」というわけで。 1482634381242.jpg

鉄道高架下の趣のある立地

オープン時には行列ができていましたが、訪問した2016年12月23日(金)札幌市内は記録的な大雪に見舞われ、しかも訪問時間が午後2時頃だったため、すんなりと座れました。

場所は、新札幌の鉄道高架下のアパマンショップの奥、以前に「江陵苑」という焼肉屋さんがあった場所です。

まず券売機で食券を購入します。すぐに決断しなくてはいけないのでプレッシャーを感じます。今回は、「海老そば」の醤油味にします。縮れ麺かストレート麺かを尋ねられたので、ストレート麺を選択しました。
1482634382027.jpg
空いていたので、すぐに運ばれてきました。

醤油味のストレート麺を選択

なぜ、醤油味にしたのかというと、海老と味噌の相性は良いのだろうけど、個人的には鍋物や味噌汁の印象が先に立ってしまって、ラーメンを食べにきたという先入観が邪魔して、素直に受け入れられるのか?という心の弱さがあったからなのです。

さて、醤油味とはいっても、スープは、海老の赤色が支配していて、並べてみないと、味噌味との色の区別は難しそうです。

スープをすすると、当たり前ですが、海老海老えび~!!やっぱり、なんとなく鍋物の印象。でも、醤油ラーメンですから、コショウを入れなくてはね、と胡椒をパッパッパ。するとどうでしょう。見事ラーメンという印象に早変わり。
1482634383045.jpg
胡椒が海老の生臭さを消してくれるので、磯の香が苦手な人でも美味しく食べられます。

ストレート麺は個人的に正解でした。あっさりしていながらどことなくクリーミーな感じでもあり、胃もたれしません。大変美味しくいただきました。 とにかく、「海老そば」で他店と決定的な差別化を図っている当店。

先代が研究を重ねた伝統を引き継いで、新札幌に定着してほしいですね。

■元祖海老そば札幌らーめん縁や

住所 北海道札幌市厚別区厚別中央2条5丁目3-1
電話 011-375-9995
席数     25席 (カウンター5席、ロの字カウンター8席、テーブル2人席×2、4人席×2)

アクセスマップ・地図

2016年12月13日 (火)

同福堂の回鍋肉定食_味もコスパのボリュームも最高!国道274号沿いの名店【北広島市】


「同福堂」は、チャーハン焼きそばセットなどという炭水化物祭りもウリですが、やはり、麻婆豆腐定食500円、麻婆茄子定食650円、青椒肉絲定食650円など定食メニューが超リーズナブルなのが魅力。

しかも、そのボリュームも最高。普通盛りのライスは、既に大盛り。別のテーブルでは女性客が「ええっ!?」と面喰っていましたが、私は、ついつい、100円プラスでさらに大盛りにしてしまいます。

20170218_98

今回は、回鍋肉定食ライス大盛り750円。このアングルだとホイコーローが見えづらいですが、ホイコーローのボリュームだって結構スゴイのですよ。

1481600970897.jpg

アングルを変えてみますが、何しろご飯のボリュームがあり過ぎて、ホイコーローのボリューム感が表現しきれません。他店の1.5倍の量はあると思いますよ。

お味の方ですが、甜麺醤の風味は若干抑え気味で程よい感じ。醤油も使っているのかな?と思われます(すいません素人なもので)少し塩っ気は強いので、ご飯にピッタリです。

1481600973562.jpg

キャベツと肉のバランスも最高。あんなに大盛りだったライスがたちまちのうちに無くなってしまいました。いやあ、満足満足。

別の定食メニューもどんどん試してみたいですね。また、来ます。ごちそうさまでした~。

1481600975982.jpg

場所は下記のマップのとおり、JR上野幌駅の近くの国道274号沿い。札幌市から北広島市へ入ってまもなく左手にあります。駐車場は、店の前に数台程度。駐められないときは付近で自己責任で場所をお探しください。

■同福堂
住所 北海道北広島市西の里北1丁目1−28
電話 011-375-4495
営業時間 11:30~22:00
定休日 月曜日

アクセスマップ・地図

 





2016年12月10日 (土)

紅来中華飯店で回鍋肉。ライスは大盛で。【北海道江別市】



     style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
     data-ad-client="ca-pub-6495752073854966"
     data-ad-slot="1713575934">

江別市あさひが丘にある中華料理屋「紅来中華飯店」は、ホントに目立たない地味なたたずまいなのですが、故に知る人にとってはオアシスなのであります。 1481318496534.jpg 場所はマップを参照していただきたいのですが、この界隈は比較的新しい住宅街。JR野幌駅からも近く、新札幌でいうところの、厚別東の原始林通り沿いといった感じですね。 「紅来中華飯店」は、日本人好みのクセのない甘めの大衆中華が味わえるので、幅広い層に受け入れられます。

20170218_97

今回いただいたのは「回鍋肉定食」。お店のメニュー表では、「豚肉とキャベツの味噌炒め定食」と表記せれています。 1481318499178.jpg
程よい甜麺醤の風味は食欲をそそります。小鉢のピリ辛もやしが箸休めにピッタリ。 当然、ライスは100円増しで大盛りにしました。 何しろここのホイコーローは、ご飯が進むのです。
1481318500416.jpg

■中華飯店 紅来 (コウライ)
住所 北海道江別市あさひが丘7-15
電話 011-382-3738
営業時間  11:30〜15:00、17:00〜21:00
定休日 木曜日

アクセスマップ・地図 場所

«昭和レトロ「やましょう」で味噌ラーメンとチャーハンセット750円美味し【札幌市白石区グルメ】

ミュージック

Nifty Books

にほんブログ村

無料ブログはココログ

ウェブページ

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31